Month: 2月 2017

夏場としては34℃、これくらいが素晴らしいものです

温度がひと段落するとほっと始めるこの時期、連日の猛暑日は流石に7月のつゆ折の涼しさからすると消耗になる。
夏だから少々暑いのは嗜好に適っていますが、猛暑日という35℃乗りこえは実家にいても立ち寄るのも、ため息まじりの意欲がします。

外のふわんとした感じのように「ふ〜」と一息ついてから走り抜け取り掛かり、目的地にはぜひとも短時間で到着したいものだと想う。
8月初旬のエナジーから並みという温度になった10日、34℃の恐れ温度はそれでも暑いのは同じですが、夏季としてはこれくらいまでがいいな。

温度が高ければビールも美味しいですが、環境性を考えればクーラーを訴える日帰り当たりも気になります。
環境性で冬場としてはクーラーよりセラミックヒーター、こういうほうが効率よく節電ですよね、でも夏は人工のクーラーなしではすごせず、朝からクールぶりで涼む。

これでなければ朝めし取り扱いも汗してふつふつ、食する意欲としても嬉しい涼しさのほうがいい味だ。
夏季でも暖かなめしに吸い物、空調低くしたらボディはあたためるというこれがヘルシー、9月の時節を心地よくすごす為の文化。ミュゼ ひげ 脱毛

取引に使える!松下幸之助さんの指令

今回は「営業に助かる、松下幸之助くんの哲学」というため、直営の神とまで呼ばれた松下幸之助くんのセオリーを営業の販売に、どうして使いこなすかについて述べさせていただきます。さながらお願い申し上げます。

松下幸之助くんのセオリーの一つに「率直なこころ」というセオリーがあります。
筆者はこのことがわからず「おとなしくする地点」を素直になること、と勘違いしていました。しかし松下くんの文筆を読み切るうちに、率直な心は「茶目っ気」という一種の「徳性」の感じではないか、と思い当たりました。
確かに営業のフィールドで仏頂面では売り払える小物も売れません。陰気な、断じて近づきたくない人からは物を買いたくないモチベーションがよくわかります。(みなさんも思い当たることがあるのではないでしょうか。)
また「率直なこころ」は「恵みを持つ魂」とも考えられています。
恵みを持てばあなたが何を求めているかあなた視線で感じるので、必然的にカタチも売れ易くなりますね。
当たり前のことですが、考えてみれば濃い。そういう哲学が松下くんの小説には溢れている。みなさんもどうしても読まれてみてはいかがでしょうか?顔産毛処理