ついつい通勤途中の見つけた築浅の空き家を見つけ、ここが店賃安かったら引越したいね、という結果移動を決めて一月、移動に関する災厄が相次いでいらっしゃる。今の住宅の退去をするため、投資団体に連絡すると、結果書に「半月毎の家賃で日割り構図はしません。」という書き方がしてあるので、15太陽に退去見通しなので、家賃は半月取り分で良いものだと思って確認すると、「日割計算しないと書いてあるのでいつ退去されても一月分の店賃となります。」と言われました。結果書に書いてある事柄と違うことを言っていることを手解きし揉め事して、結果パートナーが間違っていたのに謝罪のワンポイントもなく、目下考えてもアフターケアに同意いきません。退去の連絡をいただいた時もテレホンのアフターケアがひどく、今でも憤慨しています。そして、電力団体の試験の機会、とりわけ電力団体に告知がつきにくかったので、ネットで試験の届出をしました。すると、電話がかかってきて、おんなじ敷地内におんなじタイトルの住宅があるので、住まいの規定ができず、アベレージ電力試験の立会は必要ないのですが、立ち会って下さい、と言われました。その今日待てども来ず、連絡してみると、やはり告知が結構つかず、その上、告知がついたかと思えば、アポイントメントはあるものの、アフターケアが漏れておりました、と言われました。そして結果、電気が居る点は1つだけなので、たぶん大丈夫ですと、立会が必要なくなりました。二度と、火災保険に関して今出席の保険をまだまだ利用することもこなせる、と火災保険団体から言われたので、その旨を掲示の我が家製造元相談役に言うと、投資団体に確認して折り返し連絡をもらえるといったにもかかわらず、その日に告知がきませんでした。そして連絡してみると相談役は不在で、必要で出れないと伝えたにも関わらず、あすに連絡をしてきて、折り返し昼間中休みに連絡をしてもゼロ。結果手掛かりの売買の太陽に何か内容があれば仰るのかなと見なし、手掛かりを受け取りに行くと、相談役不在で、別人が対応し、火災保険の地についてはこちらから確認してようやく言ってくる具合。手掛かりの引き受けの機会、持ち物を言われなかった結果、証明だけで良いのかと思い、引き受けに行くと判が必要と言われ、火災保険のこともあったため、憤慨してしまいました。目下考えても、移動をしなければたまらなかったこういう不満をぶつける所もありません。http://www.imacsindonesia.com/musee-tel/