今回は「営業に助かる、松下幸之助くんの哲学」というため、直営の神とまで呼ばれた松下幸之助くんのセオリーを営業の販売に、どうして使いこなすかについて述べさせていただきます。さながらお願い申し上げます。

松下幸之助くんのセオリーの一つに「率直なこころ」というセオリーがあります。
筆者はこのことがわからず「おとなしくする地点」を素直になること、と勘違いしていました。しかし松下くんの文筆を読み切るうちに、率直な心は「茶目っ気」という一種の「徳性」の感じではないか、と思い当たりました。
確かに営業のフィールドで仏頂面では売り払える小物も売れません。陰気な、断じて近づきたくない人からは物を買いたくないモチベーションがよくわかります。(みなさんも思い当たることがあるのではないでしょうか。)
また「率直なこころ」は「恵みを持つ魂」とも考えられています。
恵みを持てばあなたが何を求めているかあなた視線で感じるので、必然的にカタチも売れ易くなりますね。
当たり前のことですが、考えてみれば濃い。そういう哲学が松下くんの小説には溢れている。みなさんもどうしても読まれてみてはいかがでしょうか?顔産毛処理